来店型向けのクチコミ施策について

Googleクチコミを増やすの難しいと思いますが、いかがでしょう?

結論ですが、クチコミはお願いしないと増えないもの…。50件、100件と放置しても増え続けるのは「回転数が早い飲食店や美容室」「有名店」「人が集まる場所」ぐらいです。

このページでは「来店型向けのGoogleクチコミ施策」をご紹介いたします。別の業種で例えば3か月程度で100人以上の友達登録、クチコミ10件以上と増加しました。

ポイントを押さえれば比較的スムーズにクチコミをもらえますが、店頭スタッフの協力が必要不可欠です

ノウハウ的な要素も含まれるので信じられないと思いますが、実施後20~40%程度のお客様がGoogleにクチコミを追加してくれました。そのクチコミを見て新規来店も獲得できてます。

以下「Googleクチコミ依頼の流れ」を確認後にご検討いただければ幸いです。

口頭でクチコミをお願いする

シンプルなのに効果大◎、だけど出来てない企業がほとんどです。

Googleのクチコミが投稿できるページのURLを元にQRコード作成、QRコードを掲載した用紙を用意してテーブルのそばに置きましょう。もしくはLINEに友達登録してもらい、あいさつメッセージでURLをお知らせするようにしましょう。

Goolgeのクチコミが投稿できるページのURLを確認する方法はこちら

来店型向け「公式LINE登録→Googleクチコミ依頼」の流れ

Googleのクチコミ依頼と相性が良いのがLINE。

理由は、来店されたお客様とやり取りできるからです。以下の流れを確認すれば納得できると思います。

①特典を条件に公式LINEに友達登録

接客で上記①と特典を条件にLINE登録をお願いします。QRコードを読み取るだけ!

友達登録後に必ず相手から何かしら確認のメッセージを送信してもらいます
この時点で特典対象とします。

注:登録後、確認で相手からメッセージをいただくようにしないと今後1対1でやり取りできません。

※撮影・特典が難しければ口頭でクチコミ依頼、シンプルだけど効果◎

②接客中に写真撮影

接客中のお客様と「担当スタッフ」「商品」など一緒に写っている写真を可能な範囲で撮ります。

理由は写真を共有・割引き対象にするため」「購入した商品の確認や30日保証対象にするため」など特典を付与できるからと言います。するとある程度、すんなり撮影を受け入れてくれます

※撮影用の「展示ブース」などあれば尚よい〇
※マイビジネスやSNSで写真公開して良いか許可まで取れたら◎
※写真が無くてもOK、難しければ②からスタート。
注:特典や保証などメリットがないと撮影は嫌がられます。

③公式LINEで「お礼のメッセージ+感想をお願い+写真」

当日または数日、納品後にLINEで「お礼のメッセージ+①で撮影した写真」を送ります。

その際、お客様に「今後の参考にしたいのでスタッフの対応、商品についてご感想を頂けないでしょうか?」とお伺いします。

昼休み、仕事帰り、休日などのお客様が返信しやすい時間帯に送信がベスト

大抵、感謝の言葉を頂くことが多いです。良くない感想を頂いたお客様の声は真摯に受け止め、次の接客にいかしましょう。

④コピペでOK:Googleクチコミをお願い
「Googleクチコミをお願い+クチコミ用のURL貼り付け」

③で良いご感想を頂いたお客様に対して「先ほどの文章のコピペでかまいませんのでGoogleのクチコミにリンク先から評価いただけませんか?」と公式LINEからメッセージでお願いします。

その際に「Goolgeへのクチコミが投稿できるページのURL」を必ず一緒に送ります。

早期で信頼関係が築けてるなら③の時点で「クチコミ投稿ページのURL」を貼り付け送信でOK

以上です。

最後に

経験上、この一連のやり取りで約20~40%程度の人がレビューを書いてくれました。ほか業種でも規約に違反することなく、高い確率で良いレビューが増えてます。先にLINEで感想が聞けるので悪い口コミも避けやすいです。

一連の流れをまとめると

①接客/撮影
②LINE登録を促す/特典の説明
③LINEで「お礼のメッセージ+感想をお願い+写真」
④コピペでOKと伝える「Googleクチコミをお願い+URL貼り付け」

①②は、店舗スタッフしか対応できません。
むしろ、ここがキモとも言えます。

②登録後のあいさつメッセージで「評価のお願いURLの自動送信」が可能ですが、一連の流れを対処できるなら自動化は避けるべき。理由は、来店型はコミュニケーションが濃いほど良いクチコミに繫がる傾向にあるからです。

補足ですが、なぜ店側で写真を撮って送った方が良いかというと自分がどこにいったのか、体験などの写真をSNSに載せたがる、または残したがります。

こういう写真は、自分で撮れないというのがポイント。
保証があるので証明のためにも残すという訳です。

プライベートのSNSへも投稿してくれる可能性が高い写真になりえるということ!

自社でSNS関連の情報発信ができてない場合は、第三者に広めてもらう仕組みをどう作るかがポイントです。重要なのは、お客様にどう楽にクチコミ・SNSへ投稿してもらうか…

特典付与が難しければ単純に「クーポン情報・最新の商品の情報を発信してます。よろしければ友達登録お願いします。」と②で友達登録をお願いするだけです。

LINE友達登録で「〇〇円OFFクーポン」「グッズのプレゼント」「保証期間の延長」など
この機会に特典付与をご検討ください。

※友達が増えたら「新商品の紹介」「セールのお知らせ」など一括メッセージでPRするのに活用すると良いです。

その他

既存のお客様へGoogleクチコミをお願いする方法について

・プライベートLINE、公式LINEで「クチコミ依頼+クチコミ用のURL貼り付け」
・SMSショートメッセージ、メールで「クチコミ依頼+クチコミ用のURL貼り付け」
・はがきDMで「クチコミ依頼+クチコミ用のQRコード」

送ったとしてもそれなりに深い関係じゃないと書いてくれません。期間が空いているとむしろ悪い評価が付く可能性もあります。

チラシにLINEのQRコード掲載は…

通販では友達登録で「500円OFF」「〇〇%割引き」などありますが、来店型はLINEのQRコードを載せても効果は薄いです。(※既存のお客様のみ配布なら効果あるかと。)

そもそも購入したお客様、来店した方がクチコミを書くからです。LINE登録ではなく、通常のセール等の宣伝重視で来店を促すことを推奨します。

心理的な要素の説明は避けたいのですが、チラシのセールを見て寄ってみたら「LINE登録の特典」もあることが判明…こちらの方が購買意欲、満足度が上がると思いませんか?

「LINE登録の特典+クチコミ依頼」で接客の「最後の一押し」に活用が効果的です!

LINE用メッセージ例文

そのままコピペで利用されてもかまいません。LINEでのやり取りの一部です。

例文①

本日はご来店ありがとうございます。
今後の参考にしたいのでスタッフの対応、商品についてご感想を頂けないでしょうか?
※保証確認用の写真

例文②

先ほどの文章のコピペでかまいませんのでGoogleのクチコミにリンク先から「評価」いただけませんか?

評価★★★、📷写真など
いただけると嬉しいです♪

https://お店のマップURL

ご協力お願いできればと思います。
今後ともよろしくお願いします。

例文③

お世話になっております。
●●●● 〇〇です。

本日はご来店ありがとうございました。

今後の参考にしたいので、よろしければ当店のサービスやスタッフの対応についてリンク先から「☆評価・クチコミ」いただけませんか?

評価★★★、写真など
いただけると嬉しいです♪

https://お店のマップURL

ご協力お願いできればと思います。
今後ともよろしくお願いします。

Goolgeのクチコミが投稿できるページのURLについて

Googleマップから取得できます。慣れていないとどこでコピーすれば良いか分からないと思います。

URLを教えてほしい場合は、ご連絡ください。すぐお送りします。

Googleマップを開く

はじめにGoogleマップを開き、御社の「事業名」で検索してください。
URL:https://www.google.com/maps/

地図を共有または埋め込む

リンクをコピー

LINEで送る場合は、URLの後ろに「?openExternalBrowser=1」を追加

?openExternalBrowser=1
をURLに追加します。例を参考にしてください。


https://goo.gl/maps/bQd4e16x3eUVcZpm7

https://goo.gl/maps/bQd4e16x3eUVcZpm7?openExternalBrowser=1