地域を含めたキーワードでSEO対策をすると集客に繋がりやすい


企業や店舗でホームページを運営している場合、ホームページに対してSEO対策をする場合に大切なのは、地域キーワードです。沖縄なら、沖縄+○○や市町村+○○と行ったキーワードと組み合わせると効果が高いです。

実際に地域で何かを検索するときには、沖縄または市町村+場所・名前・物で検索することが多いです。例えば沖縄で居酒屋を検索するときには、「沖縄 居酒屋」「那覇 居酒屋」「おすすめ 沖縄 居酒屋」などがあげられます。

沖縄で何かを検索する際に大体が地域や市町村を含めたワードになります。また上記のような検索をする方は、来客する可能性も高いので集客に効果が見込めます。

沖縄でホームページを検索する人が沖縄と一緒にどのようなキーワードで検索するか考えてSEO対策の言葉を選べば良いと思います。

SEOの主要な方法として外部対策と内部対策があります。外部対策はどれだけ質の良いムページからリンクをもらえるかが重要になってきます。

今では自作自演のリンクはロボットにばれてしまうので自然なリンクをもらうことが重要です。古典的な方法ですが相互リンクも十分有効な手法ではあります。自身で外部対策が難しい場合は、お気に入りのブログや同じジャンルの関連性の高いサイトに相互リンクをしませんか?というメールを送ってみるのも良いでしょう。

次に内部対策とは、そのホームページのHTMLや構造をどんなことを書いてあるかをロボットが情報を集めやすいホームページにするということです。ホームページにたくさんの人に来てもらうためには、SEO対策は欠かせません。SEO対策がきちんとできて多くの人がホームページに来てくれるようになりますと、売り上げアップや、集客やリスト集めに有効な方法です。

ただ、今のSEO対策の一番効果のある方法は、いいコンテンツを作ることです。サイトに来てくれた人が本当にタメになったとか、役に立つコンテンツをきちんと作ることが一番重要な様です。見た人が感動できる様なコンテンツを作るとSEOに効果が高い様です。

さらに最近はソーシャルを絡めたSEOも重要になっています。Googleのアップデートでソーシャルを1つの要因にすると言うのもありました。

SEO対策をきちんとする事はECサイトの売り上げUPにもつながります。なぜなら、その検索ワードで検索しているため、目的がはっきりしていますので商品購入にすぐつながるのです。

顧客を獲得できるだけでなく、かなり興味を持った顧客を獲得できる可能性が高いですので継続的に集客に繋がるようなキーワードを考えてSEO対策を考えていくと良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Yahoo!カテゴリー登録サイト

ページ上部へ戻る