SEO対策は必要なのか?ホームページ制作だけではWEBからの集客は難しい

SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字で、日本では「検索エンジン最適化」と表現されます。
ある特定の検索エンジン、たとえばYahoo!やGoogleで検索した際に上位に表示されるようWebページを構築することを指します。

検索エンジンは、常に検索者が欲しい情報にすばやくたどり着けるように検索結果を表示することを目指しています。あなたが沖縄旅行に出かける際にYahoo!やGoogleの検索窓で「沖縄」と入力した場合、沖縄県の公式ホームページの下に観光情報が出てきますね。

これが自分の住んでいる地域とは全く違うエリアの沖縄料理店の情報ばかりが並んでいたら、欲しい情報になかなかたどり着くことができなくてイライラしてしまうことでしょう。検索エンジンは、常に検索者が欲しい情報にすばやくたどり着けるように検索結果を表示することを目指しています。

Webページの作成者が検索エンジンに「ここに検索者が求めている情報がありますよ」「有益なWebページですよ」と、知らせることがSEO対策には重要といえます。

ホームページを作る事業者や個人はこのSEOの対策なしではホームページを作成する意味がないと言っても過言ではないでしょう。「沖縄」とGoogleで検索した際、約97,900,000件のサイトがヒットします。

その20万番目に表示されるサイトが検索者にクリックされる確率はいったい何%でしょうか。普通の方なら検索結果の2,3ページ目まで見て目的のサイトが見つからなければ、検索窓に別のキーワードを入力するでしょう。スマートフォンやタブレットが主流になりつつある現在では、検索のキーワードも短くなっていたり、検索者が見るページ数も減っていたりするかもしれませんね。

ではSEO対策と聞くとあなたは何を思い浮かべるでしょうか。
少し前には、ひたすら相互リンクに励んだり、背景と同色で隠しテキストを忍ばせたり。様々な方法が編み出されては検索エンジン側が新たなアルゴリズムによって陳腐化する、いたちごっこです。しかし最近では、しっかりとコンテンツのあるサテライトサイトを作成してユーザーに対して有益な情報を提供しているサイトからのリンクが効果が高いと言えます。

時間のかかる作業ですが、上位表示の為に効果のある対策をしていく努力をしてでもSEO対策をする意義はあります。
それは大きなお金をかけずにできるマーケティングだからです。

もちろん資金が潤沢にあるのであれば、検索エンジン側にお金を払って検索結果の見やすい位置に表示してもらう(SEM)こともできます。
しかし大企業でもない限りスポンサーサイトになることは難しいですよね。対してSEO対策は難しいことではありませんし、コストも比較的低く済みます。

ホームページ制作のみの会社も存在しますが、せっかく作ったサイトを多くの人に見てもらうためにもホームページ作成とSEO対策はセットで考えた方がWEBからの集客に繋がるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Yahoo!カテゴリー登録サイト

ページ上部へ戻る