質の高いロングテールキーワードで安定したアクセスを確保することも重要

近年の注目されているSEOの基本的対策としてロングテールの考え方が重要です。つまり、主に検索されるビックキーワードではなく、ロングテールを狙ったキーワードを記事中に含めコンテンツとして追加していくということです。

最近ではロングテールのキーワードのコンバージョン率も注目されているのできちんとキーワードを選ぶことが重要になります。コンテンツ中心のサイトを作ることがこれからのSEO対策の主要な部分になってくるようです。また、クローラーのページに来る頻度を上げますと、検索順位が上がりやすいといったデーターもありますので、内部対策をしてクローラーが来やすいサイトを作ることを心がけてみたらいいでしょう。

キーワードで検索順位を上げる場合、Googleのアルゴリズムの変化にも注目しておいたほうがいいです。Googleのアルゴリズムが変更されますと、検索結果にも影響を及ぼし、検索順位に変動があるからです。いつ、アルゴリズムが変更されるか確認しながら順位計測をするといつサイトが上がったのか?落ちたのか?分かりやすくなるので目安になります。

流れとしてはサイトを作成し、次にSEO最適化をすることになりますが、その後にコンバージョンを図るといったことが重要です。また、最近はSEOのツールやオンラインサービスも増えてきていますのでうまく活用してみると良いと思います。特にグーグルが作成した、SEOのツールは必須アイテムになっています。Googleウェブマスターツールで手動ペナルティを受けているサイトが分かるようになりましたのでぜひ確認して見て下さい。

SEO対策をする際には、キーワードツールを活用することも大事です。

これは調べたいキーワードが月に何回検索回数があるかを調べるツールです。このツールを使ってタイトルや見出しを決めると良いと思います。意外と大事なのが強調タグです。強調タグを付ける事によって人の目にも検索エンジンにこの部分が重要な文章であることをアピールすることができます。

ガッツリ順位を上げに行きたいならSEO専門の業者も最近は増えてきたのできちんと評判を聞いてから専門のSEO業者に依頼するのもいいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Yahoo!カテゴリー登録サイト

ページ上部へ戻る