外部対策と内部対策など基本的なSEO対策について

SEOにする場合の基本的なSEO対策を書いてみます。まず、SEOとは何かと言う事ですが、検索してきた人に対して、適切なコンテンツを提供するといったことです。それは、内容のいいコンテンツを最適な状態で提供することになります。内容のいいコンテンツとは、まず、検索エンジンに対して検索ワードに合った内容を表示することであり、見た人がシェアしたくなるようなコンテンツを提供することです。

次に重要な事に外部対策と内部対策があります。まず、外部対策ですが関連性の高いサイトやもしくは記事から外部リンクをもらうことで関連性が高いサイトと認識され検索順位が上がるようになります。

外部リンクに関しては、アンカーテキストの比率、そのリンク元のサイトのボリューム、運営されている期間、リンクが貼られたのがいつ頃なのか?など様々な要素が含まれており、こういったいくつもの要素をクローラーが判断して検索結果の順位に影響を及ぼしています。

次に内部対策ですが、HTMLやCSSを適切な状態にする事によってクローラーが情報を集めやすくする様にします。画像の解像度の調整、構造を見直したりして表示速度を早くするための工夫、サイト内の関連性の高い記事をリンクで結びつけたりすることでユーザーにもクローラーにも情報を得やすい様なサイトの構造にすることです。

そうする事により、クローラーが必要な情報を適切に検索エンジンに反映することができます。個人で外部対策をはじめたい方は、相互リンクを関連性の高いサイトに問い合わせたり、友人などに依頼してサイトに設置したらいいでしょう。

SEO対策を考えてるのであればGoogleのツールによって適切なキーワードを収集します。次に、検索数が多いキーワードと、ニッチなロングテールキーワードに分けます。そのキーワードをブログタイトルや本文に含めるように掲載していきます。そして、アクセス解析をきちんとして、サイトに来たユーザーがどのようなワードでコンテンツを見ているかを確認するといいです基本的には、記事のタイトルや本文内にあるワードで検索に引っかかってきますのでその内容にあった記事であればユーザーも喜んで見てくれると思います。

コンテンツが求めているものであればシェアされたり、ブログで紹介されることがあるので外部リンクも増えてくるでしょう。

例えば「沖縄」の場合は「沖縄」というキーワードだけでなく、「観光地」や「名産品」などを複合キーワードに含めて一緒にサイトに掲載するようにしたらいいです。自分でSEOを行うか、専門の業者にするかは、予算に余裕があり、法人等で行うプロジェクトの場合、専門の業者に依頼したほうがいいと思います。個人の場合はSEOに詳しい人のブログやホームページで勉強して自分でSEO対策をするようにしたらいいと思います。何事も同じですが、努力をしなければ結果はついてきません。

それはブログでも同じです。
役に立つコンテンツを作り、検索者が求める有益な情報を載せるように心がけていれば、努力は実ります。情報が欲しい方はきっとそのコンテンツに辿りつくと思います。私の考えになりますが、良い情報には、様々な複合ワードが含まれていることもあり、その細かい専門的なキーワードで検索する人が必ずいるからです。そういったワードは、ロングテールキーワードといいますが、質の高いロングテールキーワードで安定したアクセスを確保することも重要を参考にして頂けばと思います。

今回書いてある記事にもキーワードは、たくさんあります。

「SEO対策」
「外部対策」
「内部対策」
「表示速度」
「アンカーテキスト」
「複合キーワード」
「ロングテールキーワード」
「関連性」

そこまで意識して載せているわけではないのですが、記事を書いていると自然と含まれるのです。上記のワードを含めたものを検索され、このサイトにたどり着くでしょう。このワードについて調べたい、もしくはSEO対策で悩んでいるSEO業者やアフィリエイトをしている方達と思いますが。

今の検索エンジンのランキングはコンテンツの質でランキングを決めるようになってきていますので、特にユーザーから評価されるコンテンツを作ることが重要になる傾向がある様です。さらに、現在ではSEO対策のウェブサービスやツールも数多く出ていますので、それをきちんと活用すると良いと思います。検索回数が多いキーワードをタイトルや本文に入れるのが検索回数を増やす重要な部分でもありますのできちんと考えてみるといいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Yahoo!カテゴリー登録サイト

ページ上部へ戻る