独自ドメインの重要性について

わかりやすいホームページアドレス 「http://会社名.jp」のような分かりやすいURLを持つことは、ビジネスにおいてとても重要なことです。もし、あなたがいまだ、沖縄専用のブログなどを使用しており、ブログのURLが下記のようであれば早めに変更を考えてもいいと思いますよ!!

てぃーだブログ
http://○○○○○.ti-da.net/

ごーやーどっとネットのブログ
http://blog.goyah.net/○○○○○/

であるならば「http://店舗名.jp」「http://店舗名.com」「http://店舗名.net」などと比較して、いかにアドレスがわかりにくいか分かるでしょう。長いブログのアドレスをすぐ電話で伝えることが出来るでしょうか?わかりにくいアドレスはビジネスチャンスを失う原因になります。またgoogle・yahooで店舗名で検索した際に探しにくいかもしれません。ドメインに店舗名が使われていればSEO対策としても効果があり、上位表示されやすいメリットもあります。また店舗用サイトとフリーブログでは、デザインの見栄えもだいぶ違いますので反応が大きく変わってくるでしょう。

またフリーブログの場合、規約違反などをしてしまうとブログ自体を削除されることもあるので規約をしっかりと読み運営しなければいけないのです。削除されたあとに気づいても取り返しのつかないことになってることも多くあります。ブログを変えるたびにアドレスが変わることも問題なのです。

電子メールのアドレスはどうですか?

メールアドレスは、携帯のメールアドレスやフリーアドレスになっていませんか?アドレスの方も誰にでもすぐには覚えてもらえないばかりか、メールアドレスからあなたの会社を思い出すことは難しいでしょう。独自のドメインをとることにより、この問題を解決することが出来ます。

独自ドメインを利用することにより会社のメールアドレスを「あなたの名前@会社名.jp」で、セールス部門のメールアドレスは「sales@会社名.jp」、サポート部門は「support@会社名.jp」など複数に分けることも可能です。メールアドレスは、会社の部門ごと、社員一人にひとつづつに分けて設定している会社が今ではほとんどと思います。

電子メールの利用者がビジネスの世界にも急激に広がっています。プロバイダのメールアドレスを利用していると、そのプロバイダのドメイン変更があったり、プロバイダ自体がなくなったとき、プロバイダを変更したときなどに、すべての取引先やお客様にアドレス変更をもれなく伝えることは大変な労力が必要となることでしょう。連絡漏れは、これまたビジネスチャンスの喪失に繋がることもあるでしょう。

独自ドメインはSEOにも強いのか?

webサイトの階層は浅いほうが人の目からとしても分かりやすく、上位表示にはそこまで影響されることはないとも言われておりますが、サイト運営をある程度考慮した階層構造は必要です。あまり無意味に階層を深くしないことを心がけることが必要です。

てぃーだブログ・ごーやーどっとネットのブログで運営となると1つ階層が深くなります。またSEO対策をフリーブログにするとなると運営元のドメインが強くなるということに繋がり、運営元が潰れたり、運営を継続できないとなるとこれまで行ってきたSEO対策の意味がなくなってしまいます。

運営歴が長くなり、ブログのコンテンツが大量になってくると移行する際の手間も増えていくので早めに変更を考えてみてもいいと思います。

ほか独自ドメインで運営することにはいくつがメリットがあります。
継続して運営していくことでボリュームが増え、SEO的にも強くなってくると新しい記事
カスタマイズが自由にできる(ネットショップの立ち上げ・店舗用ブログ構築・デザインが自由)

ドメイン登録は先着順

国際レベルドメインのcomドメイン登録数は既に300万を超えています。さらに、今も毎日いろんなところでドメインが登録されています。JPドメインの登録数も5万をこえ、一ヶ月に約2000のドメインが登録されています。ドメインは先に登録した者にその権利があり、わかりやすいドメインを取得できれば会社の財産になります。国内でも同じ会社名が存在することがありますので早めに取得することです。
(取得可能なドメインを確認しながら会社名を考えている人もいます。)

ドメインは商標と同じとお考えください。
これから会社の設立を考えている方はまず、その会社名のドメインが取れることを確認してから会社の登記を行うのも重要でしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Yahoo!カテゴリー登録サイト

ページ上部へ戻る